間伐体験しました!!

  • 2013.02.13 Wednesday
  • 11:11
 
2/9(土)
この日は朝から冷え込み、肌を刺すような寒さでした
しかし幸い天候には恵まれました。

間伐体験を行うのは初めての試みでしたが、
NPOの理事でもある松下さんが社長を務める、松下薪材さんが全面的に協力してくださいました。

松下さんは林業一筋50年の上矢作随一の林業家です。
山のことを皆さんにもっと知ってもらいたいと、快く引き受けてくださいました

この日の参加者は恵那や多治見から7名の参加者の方が集まりました。
この中には女性も2名参加していました。
今話題の林業ガールですね



間伐作業現場は道の駅のから徒歩5分ほどにある、松下さんの所有する山です。
急な斜面もなく初心者でもとても作業のしやすい場所を使わせてくださいました。

この間伐体験では実際に参加者にチェーンソーを使って木を切ってもらう
本格的なものになりました。

もちろん参加者の中には、チェーンソー自体使うのは初めてという人もいましたが、
松下薪材の方が使い方を指導してくださり、女性の方でも切り倒すことができました。


初めは35年生木のあまり太くない木の間伐から始めました。

最初はみなさん指導を受けながら切っていましたが、
慣れてくると次々と代わる代わる木を切っていました。
 
自ら切った木が音を立てて倒れていくところを見て参加者は歓声を上げていました。
おそらく一人5〜6本は切れたと思います。

プロがやっているところを見ると簡単そうに見えますが、
実際にやってみると、木と木の間に倒さないといけないので
少し切り口が違うだけで倒れる方向も変わってしますので、とても難しかったです。


そしてすこし休憩を挟み、次は76年生の大径木を切ります。

さすがに先ほどの35年生の木より二回り以上も太い木なので
チェーンソーも先ほどより大きいものを使いました。



やはりこれだけの木となると、切るのには苦労しましたが、
どう切ればよいのかを指導受けながら切ると、しっかり倒すことができました。




76年生の大径木がバキバキと音を立てながら倒れていき、
地面に倒れた時の飛び上がりそうな地響きは、まさに圧巻です。


大径木は一人1本ずつ切ることができました。



これで一通り、間伐体験は終了。
このあと、参加者の皆さんとお昼ごはんを食べながら懇談しました
この間伐体験を通し参加者たちは、現在の山の抱える問題、間伐の必要性、
林業についてなど様々なことを学んでいました。

現在林業も大変厳しい時代となっていますが、
松下薪材さんのようにしっかりと山をを管理して守っておられる方がいます。
こういった活動を通し、少しでも皆さんに山へ目を向けていただきたいと思っています。
コメント
女性でも簡単に倒木できるなんて、驚きです。
今回は仕事て参加できなくて残念でした。
お写真を拝見しましたが、大変面白そうでしたね。今年もトレッキングに参加をしたいので、よろしくお願いしむす。
  • 渡辺弘子
  • 2013/02/20 4:05 PM
おつかれさまです。
今年もぜひトレッキング参加してくださいね。
原生林も少しコースを変えて皆様に楽しんでもらえるよう工夫していきます。
今年も間伐やります!笑
ぜひ参加お願いします。
  • 福寿の里自然倶楽部
  • 2013/03/25 9:02 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM