新緑のアライダシ原生林へ

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 17:50
5月11日(日)

ついに今年度のアライダシ原生林トレッキングツアーの第1回目が行われました。

天気も雲一つない青空が広がり、トレッキングツアーのスタートにとって
素晴らしい天気になりました。

前日から行っている田舎暮らし体感ツアーの参加者を含め総勢26名の方が参加しました。
第1回目から多くの方に参加していただけてよいスタートを迎えることができました。

道の駅ラ・フォーレ福寿の里を9:00に出発し大船山に向かいます。
途中、上矢作のふれあいセンターでガイドの方を5名と合流。


天堤の駐車場でオリエンテーションを行います。
今回ガイドを引き受けてくださったのは
平出恭二さん、荒田善美さん、川上隆三さん、熊谷重幸さん、荻山宏己さんの5名です。
皆さん上矢作のガイドのスペシャリストです。

トレッキングは3つのグループに分かれて移動します。

原生林に入る前の遊歩道にもさまざまな植物があります。


キハダは木の表面はコルク質で柔らかく、内側が名前の通り黄色くなっています。
主に漢方薬などに使われており、なめてみるととても苦いです。

動物も住んでいるので、よくシカやクマが木を削った跡も見ることができます。


そしてここには矢作川の水源地であり、川が生まれるところとしても貴重な場所でもあります。

そしてアライダシ原生林の中へ。

原生林内に広がる自然は神秘的なものであふれています。


ミズナラとサワラの巨木の枝と枝がくっついて、ともに共生しているこの木を
共生木と呼んでいます。


ほかにも倒木の上に木の種が落ち成長し、倒木が朽ちたことで
根が上がったように見える、珍しい倒木更新も見ることができます。
人がくぐれるほど大きな根上がりも、他ではなかなか見ることのできない
貴重なものです。


地面は積み重なった落ち葉のじゅうたんでフカフカになって歩きやすく、
新緑の原生林を歩いているとたくさんの鳥の鳴き声も聞こえてきて
心も穏やかになります。


当日もお昼は原生林内で食べることに。
木漏れ日の中で食べるご飯もとてもおいしく感じました。

森林浴を楽しみリフレッシュした後は、
パワースポットとしてひそかに話題の大船神社の弁慶杉を尋ねました。


大船神社の歴史は古く、平安時代までさかのぼるとも言われています。


この弁慶杉は樹齢2500年とも言われており、全国で7番目に大きな杉の木です。
長くこの上矢作の地でみんなを見守ってくれている、上矢作一の長寿です。

参加者の皆さんもそのパワーをもらい明日からまた元気に過ごすことでしょう。

参加していただきましたみなさん、ありがとうございました。
田舎暮らし体感ツアーからご参加くださいましたみなさん、2日間お疲れ様でした。
本当にありがとうございました。

また皆さんがNPOの自然体験プログラムにご参加されることを楽しみにしております。

NPO主催の次回のアライダシトレッキングは5月25日(日)です。
まだまだ今後もたくさんのイベントがありますので、
ぜひ一度ご参加ください。お待ちしております。






 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM