田植えに山菜採り!田舎暮らし体験盛りだくさん!

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 11:47
5月10日(土)

ついに今年度最初のイベントとなる
「田舎暮らし体感ツアー」の日がやってきました。

モンゴル村へ集合し、開会のあいさつ。

名古屋近郊から3家族9名の皆さんが参加しに来てくれました。

そしてこの日はTBSの「いっぷく」という番組がこの田舎暮らし体感ツアーの取材をしに
わざわざ東京から駆けつけてくれました。

心配されていた天気も見事に雲一つない晴天になり、一安心。
最高の田舎暮らし日和になりましたDocomo1

まず最初の体験は「山菜採り」。
一行が向かったのは大船牧場。
コシアブラやタラの芽を採ります。


NPOの理事長の渡会三治さんと地元の喫茶店「らんらん」のマスターの安藤誠一郎さんが
参加者の皆さんと一緒に山菜採りを指導してくださいました。


時期的に少し遅く、タラの芽はほとんど採られていましたが、
渡会さんと安藤さんが探してきた個所を回り、みんなで探してたくさんの山菜を採ることができましたき

採った山菜はてんぷらにして夕飯にいただきますペコちゃん

その後牧場の展望台へ行き、360度の絶景を味わい、
看視舎でお昼ご飯を食べました。

そして午後からは田植え体験に入ります。

まず田植えをする前に、田んぼのあぜ草刈りをお父さんたちに体験してもらいました。


皆さん刈払機を使うのは初めてでしたが、上手に草を刈ることができました。
草刈りもお米作りには大切な仕事の一つですクローバー

そして田植え本番。

教えてくれるのはNPOの役員の伊藤雅晴さんと桂川好己さんです。
この日のために田んぼの準備を何日も前からしていただきました。
ありがとうございました。

みんな裸足になりいざ田んぼの中へ。
田んぼに足を入れると、ぬかるんだ土に足が沈んでいき、
泥に埋まった足には少しひんやりした何とも言えない感触が。


ぬかるみに足をとられて転ぶお子さんも。
みんな一生懸命広い田んぼに苗を植えていきます。


ほとんどの人が田植えを体験するのは初めてでしたが、
天気にも恵まれ楽しく田植えをすることができました。


みんなで植えた苗がおいしいお米になってくれるといいですね。

田植えの後はモンゴル村へ戻り五平餅づくりです。

五平餅づくりはいつもお世話になっている、
地元の特産品加工販売グループのふくちゃん工房の方に教えていただきました。

もちろん五平餅を自分で作るのも初体験です。


お米を煉るも一苦労で五平餅づくりも意外と大変なんです。




串につけて形を整えたら炭火で焼いていきます。
少し硬くなったら秘伝のたれをつけて焼いていきます。


同時に朝採った山菜もてんぷらにしてもらいました。

そして夕食へ。
夕食はNPOの役員の方や観光協会の役員の方々も一緒に集まり
バーベキューをしながらの交流会。




交流会では五平餅や山菜のてんぷらなど、今日自分で作った物をいただき、
地元の方のマジックショーやギター演奏などで、楽しく盛り上がりました。

この日は参加者の皆さんはモンゴル村のゲルで泊まりました。

2日目はアライダシトレッキングツアーです。

つづく・・・

※なお、この日の様子が、TBS朝の情報番組「いっぷく」の中で紹介されました!
 取材ありがとうございました!
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM