モンゴル村春まつり開催!!

  • 2014.04.28 Monday
  • 21:28
4月26日(土)

ついにモンゴル村春まつりの日がやってきました。

午後2時。
続々とお客さんも集まり、晴れた空のもと開会式が行われました。


この日は、今年度はじめてモンゴル村に泊まるお客さんが3組お越しになり、
皆さんにNPOの理事長である渡会三治さん自作の「百両・千両・万両」と呼ばれる
縁起の良い植物の記念品を上矢作観光協会の会長の鈴木峰夫さんから手渡されました。


お祭りのバザーには近隣地域で活動されている方々にお店を出してもらいました。
・ふくちゃん工房(五平餅、つけもの他)
・石川トマト農園(生ビール、トマトの苗)
・セルプかみやはぎ(手羽先の炭焼き、青竹のかん、かき氷)
・らんらん(卵、コーヒー)
・ゴーバル(ハム、ソーセージ)
・cafe&zakka atelierHALLIS(お菓子、雑貨他)
・cafe&zakkaFaden(お菓子、雑貨他)

そしてお祭りの幕開けは上矢作小学校の生徒たちによる福寿太鼓の演奏から。
みんなこの日のために一生懸命練習しました。
その太鼓の響きは子供が打っているとは思えないくらいに力強く、
お祭りの幕開けにふさわしい素晴らしい太鼓でした。


続いて地元の若者たちのロックバンド「マウンテンマウンテンズ」のライブ。
開放感のある音楽で会場全体が暑く盛大に盛り上がりました。
このような若い力が会場だけではなく地域全体をを盛り上げてくれています。


その後の大道芸人ぶんぶくさんがジャグリングなど多彩な芸を披露し
子供たちに大うけし、一躍子供たちのヒーローになりました。

しかしここでなんと雨が降り始めてしまい、
急きょ管理棟内へステージを変更することに。

続く横光亜由美さんによる青空ヨガは雨のため室内で。
それでもお客さんたちはヨガで身も心もリラックスさせ、
日頃の疲れを癒されていました。
ここで教えてもらったヨガは、今後も皆さんを癒してくれるでしょう。

ヨガで癒された後は、謎のマジシャン「トリプルJ」のマジックショー。
正体は上矢作の元教員の荻山先生です。
マジックショーは、漫談を取り入れながらマジックを行い、
見ているお客さんも笑いながら楽しむことができました。
見た目とは裏腹にマジックは本格的なものばかりでアッと驚かされました。

そしてモンゴル村春まつりのステージを締めくくるのはジャズセッションライブ。
上矢作の隣町の岩村町で活動している佐藤暁彦さん(ドラム)がメンバーを集めてくれました。


普段なかなか聞くことのできないジャズの生演奏にお客さんたちもうっとり。
モンゴル村の雰囲気に合った曲も演奏していただきました。
拍手喝采で演奏も終わり、お客さんも大絶賛していました。
室内でしたが逆に雰囲気出ていてよかったかもしれません。

こうしてモンゴル村春まつりは幕を閉じました。
途中雨にも降られましたが、皆さんのご協力のおかげで大成功で終えることができました。

このモンゴル村を地域のみなさんにより利用していただけるよう、
こうしたイベントをさまざまな形で協力しながら企画できるといいですね。

出展者のみなさん、出演者のみなさん、準備に携わった皆さん本当にありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。

(恵那市ホームページでも紹介されました)
http://www.city.ena.lg.jp/news/2014-04/20140426mongoru/ 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM